工法概要

建設物は、何もない地面に直接建てた場合、
地震や大雨によって地盤が影響を受けてしまうと、建設物ごと倒壊してしまう危険性があります。

そこで、地盤をしっかりと固定するための「杭打ち」という作業が重要になります。

バイブロハンマー工法とは、振動体のついたアーム(バイブロハンマー)をクレーン等でつり上げ、
杭材を「チャック装置」で固定したのち、振動力を杭に加え、杭と地面の摩擦力・先端抵抗力を低減させて地中に貫入させていく工法です。

打設する杭や地質に応じて、「油圧式」「電動式」を使い分けます。

そして、岩盤や玉石混じりな地質への打ち込み、大径・長尺杭の打ち込みのような、バイブロハンマ単独での施工が困難な場合には、
ウォータージェット装置を併用することにより、様々な地盤に対応することが可能となります。

保有機械

油圧式:PALSONIC-20

加振機 加振力(kN)[t] Max.245[25]
垂直ストローク(mm) 0~9.6
標準重量(kg) 5,800
油圧源 出力kW(PS) 162(220)
重量(kg) 5,500

電動式:EP-80

偏心モーメント(kg・cm) 0~3,600
振動数(c・p・m) 1,100
起振力(kN[t]) 0~477.0[0~48.7]
本体重量(kg) 6,300
空回転の振幅(mm) 0~7.0

※エーコー ケンチョー事業部カタログより抜粋